ステファノ・フォン・ローは今がお買い得で安い時期!

テレビ番組、『エチカの鏡』で紹介された一冊!!ページ数は100ページ位で読みやすく、一時間程度で読める本です。内容は小さい「つ」の物語。絵も可愛らしく、子供にも読ませたい本です。

こちらになります♪

2018年01月11日 ランキング上位商品↑

ステファノ・フォン・ロー小さい“つ”が消えた日 [ ステファノ・フォン・ロー ]

詳しくはこちら b y 楽 天

自分の存在価値を考えた時に読んでみてはいかがでしょうか。私も!周囲の人に薦めまくってます。読みやすい反面!とても感動します。日本人でない人独特の着眼点だと思います。この本は 思いのほか最高!でした。ちょっと予想とは違ったので★4つ。ずっと大事にしたい本です。「要らない人は一人もいない」というテーマです。そうしたら、みんな みんなが優しくなれるのに・・・姪と、妻の甥に買いました。外人さんが書いた本なんですねービックリ。いろんな人に読んで貰いたい、素敵な本です。だからこそ思いつくお話なのかも。1年生の平仮名を覚えようとする子どもたちと一緒に読みたい本です。しっかり子どもからの質問にも答えられる方は!子どもに読み聞かせてあげるのもいいかも。大人向けの童話です。日本語の使い方のようなお勉強がましいところがなく、純粋に物語として秀逸です。(この話に反応するなら元々いじめない)すごくいい話。インターネットのニュースに出ていて面白そうだったので買ってみました。内容はおもしろい・・・ですが、ちょっとまだ早すぎたかなぁ。まさに身近に、”っ”の使い方が奇妙な外国人がいるので、楽しく読めました。自信を失くしかけたときに読むと温かくなり!元気をもらえます。大人も子供も、一人でも多くの人に読んで欲しいです。優しいお話の中に!私たちが気づかないような平仮名の正確が見事に書かれていました。お子さんから大人までOKな!素敵な本です。いじめっ子に読ませてもいいと思うけど!今のいじめはそんなに簡単じゃない気もします。プレゼントにも最適。TVで紹介されてるのを拝見し購入しました。とても気に入り いま 読んでほしい人達に貸していますし!お友達にも勧めて買って読んでいます。ある程度文字も小さく、感じもあり、哲学的な内容もあるので、大人向けかも。文字の世界で小さい「つ」の存在価値とは?発音もしないし、居なくても大丈夫?しかしいざいなくなったら・・・大人も読めるし、子供に読んでやるのもいいと思います。日本もこんな共同体であってほしいと思いました。何と言っても、「日本語」が題材なのに書いたのは外国人というのが面白いです。当たり前な物!事がなくなると言うことが如何に困るのかを可愛くまとめてあり!小学生(中学年辺りに)にオススメです〓なかなか面白い内容です。読み込んでいると 色々のことが心に届けられる本ですね。中途半端な自己啓発本よりもずっとプレゼント向き。家族にも薦めました。